TOP > 弁護士になるための勉強法を考えよう

弁護士になるための勉強法を考えよう

弁護士として活躍したいと考えている人も多いでしょう。
そして、その夢を実現させるためには、司法試験に合格しなければなりません。

ただ漫然と法律について学ぶだけでは司法試験に合格することは難しく、それなりの勉強法が必要となります。

もちろん、人によって向き不向きはありますが、骨格は同じことです。
まず、判例についての知識は不可欠であるため、判例学習を重点的にしておく必要があります。

弁護士は実務家として活躍する上で、裁判所がどういった法律解釈をしているのかを知っておかなければなりません。


判例に反する学説も存在しますが、判例は簡単に覆るものではなく、実務は判例ベースで動きます。

そのため、判例を覚えることが基本となります。判例を覚える前提としては、基礎的な法律の知識も必要です。

例えば、法律では、一般用ごとは異なる言葉の使い方がなされます。

弁護士の無料相談情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

代表的なのは、善意、悪意という表現です。


これは、知・不知と言った意味を表します。

こういった表現はまず始めに覚えておかなくてはなりません。
そして、これらの知識を頭に入れる過程で重要なのが、法的三段論法と言った思考法を身につけることです。

これは、具体的な問題に接した時に、何が問題かをまず提起して、規範を定立して、それに対して当てはめて結論を出すという施工方法です。

法律の相談の初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

これは、裁判所や弁護士が実務で行う考え方で、この方法で出された結論には説得力が出ます。これは、簡単に見に付くわけではないので、普段の学習から意識しておく必要があります。